燃料電池自動車や化石燃料などについて勉強

燃料などについて勉強をしました。燃料電池自動車は、水素は水素タンクから供給し、酸素は空気にふくまれているものを使います。ガソリン車に変わるエコカーとして期待されています。スペースシャトルでは、燃料電池から電力を得ています。燃料電池で発生した水は、飲み水として利用しています。化石燃料とは石油、石炭、天然ガスを化石燃料といい、数億年前から数千万年前の生物の遺がいが地層の中で長い間に変化してできたものです。1回で電気エネルギーになるわけではありません。わたしたちのまわりにはいろいろな電池がありますが、意外なものを使って電池をつくることができます。まずは、人間電池についてです。左手にアルミ製品、右手にステンレス製品を持って並び、自分の持っているものと隣の人のものをリード線でつなぐと電気が流れます。ポイントは食塩水で手を十分ぬらしておき、紙ヤスリで金属製品のよごれやコーティングを落としておくことです。とても勉強になりました。キレイモ 値段

物質の病状アレンジに関して学校を通じていました

物質などについて訓練をしました。物質に熱を加えていくと、物質をつくってある粒(分子)の作用がさかんになって物質の情勢が変わります。固体は、分子の作用が軽く、充分並んでいる。液体は、分子の作用が強くなり周辺が乱れている。瓦斯は、分子がとびまわります。水は特例で、固体によって液体の方が能力が低いだ。次は、もし氷が水によって重かったらにあたってだ。氷のクリスタルは六角形になるように粒が結びついている結果、輪の中に大きな余地まができます。このため氷の密度は氷よりも小さく、氷は水に浮かびます。氷が水によって重かったら、池は下に氷がつみ重なって魚は泳げなくなってしまいます。氷が水によって小気味よいので、池は氷でふたをされて奥深い所は水のままなのです。次は、情勢開きに関してだ。情勢が変化しても物質の質量は変わりません。固体から液体に変化すると、物質の能力は増加します(水は特例で能力が減少する)。本当に勉強になりました。腕脱毛