物質の病状アレンジに関して学校を通じていました

物質などについて訓練をしました。物質に熱を加えていくと、物質をつくってある粒(分子)の作用がさかんになって物質の情勢が変わります。固体は、分子の作用が軽く、充分並んでいる。液体は、分子の作用が強くなり周辺が乱れている。瓦斯は、分子がとびまわります。水は特例で、固体によって液体の方が能力が低いだ。次は、もし氷が水によって重かったらにあたってだ。氷のクリスタルは六角形になるように粒が結びついている結果、輪の中に大きな余地まができます。このため氷の密度は氷よりも小さく、氷は水に浮かびます。氷が水によって重かったら、池は下に氷がつみ重なって魚は泳げなくなってしまいます。氷が水によって小気味よいので、池は氷でふたをされて奥深い所は水のままなのです。次は、情勢開きに関してだ。情勢が変化しても物質の質量は変わりません。固体から液体に変化すると、物質の能力は増加します(水は特例で能力が減少する)。本当に勉強になりました。腕脱毛