休息入れたのも暫時、満を持してK婦人露出

背景を察しておるだけに、ボクは分かったような顔付きでM・Tに同調することしかできなかった。
網戸の据置は安心完了したものの、N・Mや下っ端のN・Hに通信もせずに二人でお家のように寝っ転がって一服入れていると、N・MのママでN・Hの婦人にもあたるN・K妻(後N・K)がお茶を運んで来てくれた。
「二人とも、シナガワ区から来たんだって?遠かったでしょ」
 ほんのりやり方はあるものの、フランス年齢の妻は流暢な日本語を話す。N・Mとはインターナショナル婚姻らしいが、日本に移り住んでざっと二十年辺り経つと言う。
「ここは緑豊かなところですね」
 物的には豊穣超える時代になったとは言え都内にも豊かな自然のドリームは確実に現存やるのをボクは今しがた、体感してきたばかりだった。
「奥多摩のクライアントは更にキュート。奥多摩はここから、一段と西」
 この季節の奥多摩はさわやかみたい。足を運ぶだけでふとしたバカンス気分が喜べるかもしれない。
大都市では幾重にも製品やトレンドが蔓延り生まれては消えてゆき、脱皮を繰り返し積み重ねるばかりだが、西東京の一帯に拡がりを挙げる雄大な常識は唯一無二のかけがえのない売り物としてこれからも後世に脈々と受け継がれてゆくだろう。