神社の大きなもみじの木を伐採で寂しがる自分

 昼、近所の神社からチェーンソーや、貨物の調がしていました。最初は工事でもしているのかな?と思っていたのですが、はからずもその近隣を通ったこと、神社にあった大きなもみじの木を伐採していました。そのもみじの木は虫に食われたのか疾患なのか、木の下のクライアントに大きな穴が開いていて腐りかけているような感じで、絶えず通りかかるたびに危ういなぁ、と思っていたことでした。
 その木は秋になると、葉がきれいな赤色になって夏季ごろには清涼で涼しげな緑になり、見ると機会を感じさせてくれました。その木を片付けされると分かり自分は「へ〜そうか。ま、危ないもんなぁ」という感じでした。
 ところが、近所のお年配たちは、「あそこの木どうなったの?切ってるの?なるほどぁ・・」「なんで切って仕舞うの?」と、とっても心残りそうでした。長期住んでいる人たちにとってはストリートの象徴のようであったようだ。切った通知は一気に四方中に広まっていました。私も長期住んだらストリートのものに憧れいれが強くなるのかなぁと思いました。すっぽん小町 薬局