森友問題にみる官僚と政治家の関係について

森友問題で日本の国会がストップしている。大事な問題の山積みのなか、時間のほとんどを費やしています。
公文書の書き換えがあったのは事実。総理夫人もしくは政治家への忖度なのか?とにかく今のところ、真実はわからない。真実はこの先もわからないだろう。
そんな中、佐川氏の証人喚問が決まった。内閣支持率低下によるものだろう。そして、佐川氏に全責任を負わせてしまうのでしょう。
政権である与党は、官僚のせいにしたいのだろうが、それでは、国民は納得しないでしょう。そもそも、官僚は誰の為に仕事をしているんだろう。国民の為ではないのでしょうか?政権側ばかり見ているようにしか見えない。
書き換えを指示したのは誰でしょうか?書き換えを実行した人は自殺した人なんでしょうか?自殺した職員は、なんで死ななければならなかったんでしょうか?
そんなに追い詰められたのは何故?
死人まで出した責任は誰が取るんだろう。
官僚も信用出来ない。政治家も信用出来ない。
誰を信じていいのかわからない。
子供でもわかるように、ハッキリとした説明出来る人はいないのか、この国には。
政治家と官僚、どっちもどっち。
税金を払っている日本国民が置き去り。
野党もくだらない質問ばかり。
日本の未来がみえなくなっている気がします。カードローン アイフル