Youtubeの閲覧で大切に感じたことは

仕事帰りの電車内や、帰宅してから就寝するまでの間にしていることは、Youtubeを閲覧することです。
今までに、Youtubeを通して沢山のどうがかを閲覧して参りましたが、特に毎回見てしまうのが、万引きGメンの捕物を、最近よく閲覧しています。
近年では、60歳以上の高齢者の万引きが急増していて、万引きする理由も「年金のみではもう限界、毎月赤字だらけの生活で、一人住まいでもあって大変なんです。」と言った人が多く、中には、「レジを通るつもりが支払い忘れた」と、苦しい言い逃れをする人だって居るぐらいです。
逮捕逃れのために、大きな声で突然泣き出すような万引き犯も居て、高齢者の万引きも、功名化?悪質化しているんじゃないかとも思われます。
こんな人達が急増するが故、現在の若者や子供の常識まで疑われる時代に変わって行くのが悔しくてなりません。やはり、成人者や高齢者は子供や若者のお手本として、教えなければいけません。
万引き一つで、自分の人生や大切な友人まで無くしてしまうことを、常に考えなければ。と、動画サイトを通じて痛感してしまっています。